自分のサイズ、ご存じですか ご試着はしていますか
あなたのサイズはいくつですか?それはいつはかったものですか?
知っているようで案外知らないのが、自分のサイズ。まずはサイズに対する認識を深めましょう。
何となくでは考えもの
自分の身長・体重を正確に知っている人が多いのに比べ、バスト・ウエスト・ヒップのサイズを知っている人は40%前後、というデータがあります。思い込みや何となくではなく、いま、現在の正確なサイズを知っておく習慣をつけましょう。
体重が変わらなくてもサイズは変わります
体重の増減があれば、からだのサイズが変わるのは当たり前です。けれども、体重が以前と同じでも、年代とともに体型は変わっていきます。特に女性のからだは、妊娠・出産を経験したり、更年期をむかえるとホルモンバランスがくずれたりなど、デリケートに変化します。ですから、体重が変わっていないからサイズも同じわけではなく、からだの各サイズは変わることを覚えておきましょう。
インナーの選び方でもっと若く見える?!
体型のくずれは年齢だからしかたがないこと、とあきらめてはいけません。下着にはボディラインを整え、美しいプロポーションを演出する優れた機能があるのです。自分のサイズに合った下着でボディラインをすっきり整えれば、自分のプロポーションにも自信がついてくるはず。外見的にも内面的にも自信をもてれば、女性としての輝きが自然に生まれ、今よりもずっと若く見えることでしょう。
サイズの測り方
実際にやってみるとわかるのですが、自分で正確なサイズを測るのは難しいこと。できれば、下着売場の販売員に頼むといいでしょう。
サイズを測るときのポイント
@ 背筋をぴんと伸ばし、自然な状態でまっすぐに立つ。
A できるだけ素肌に近い状態で。
B メジャーは床に対して平行に使う。
C メジャーの加減はきつすぎず、ゆるすぎず。
採寸箇所は4ヶ所
・・・ トップバスト(乳房のふくらみが一番高いところ。下垂タイプはバランスの良い位置に持ち上げて測る)
・・・ アンダーバスト(乳房のふくらみのすぐ下)
・・・ ウエスト(胴回りの一番細いところ)
・・・ ヒップ(お尻のふくらみの一番高いところ)

Copyright(c) 2000-20017.   初工房.   All rights reserved.